男性器が小さい原因

短小・早漏・勃起障害・精力減退など男性器の悩みを解消する新世代増大サプリランキング!
ペニス増大サプリランキングはこちら

■男性器が大きい人と小さい人の違いとは

男性器を大きくするためにはなぜそもそも男性器が小さいのかを知る必要があると思います。男性器が小さい原因には以下の三つが考えられます。

●生まれ持ったもの

男性器が短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

遺伝で決まっていると言われると顔を替えられないのと同じと思ってしまいますが、男性器に至ってはそうではありません。

ここでいっている遺伝というのは生まれつき男性器のサイズが決まっているということをいっているのではありません。

男性器の大きさが最初から形成されているのではなくて、大人になっていく過程で、男性器の成長に欠かせない成分が体内に不足しがちになるということです。

身長や顔の見た目などのように遺伝であらかじめ決まっているわけではありません、男性器の成長に必要な栄養素を継続的に摂取することにより男性器増大を実現することができます。

●筋力不足(筋力不足)

下腹部の筋力が弱い人太っていてお腹が出ている人は男性器が小さい傾向にあります。原因は、下腹部から男性器につながる筋力不足。

男性器は海面体細胞という細胞で構成されていますが、その周りを下腹部からつながっている筋肉とおしりからつながっているPC筋という筋肉で支えられています。

勃起というのは海面体細胞が血流を吸収して膨張することにより男性器が大きくなります。さらに男性器の根底の筋肉が緊張して男性器をつり上げるような形になることによりそそり立つ男性器という形になるのです。

ここのPC筋の筋力が弱っていると男性器そのものが勃起しにくくなるのです。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことにより男性器の筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

●包茎である

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい子供の頃は亀頭が皮にかぶっているのは普通のことですが、大人になるにつれてじょじょに皮がめくれていって普通の男性器になります。

ですが、人によっては亀頭に皮が被ったままになり、通常時はもちろんのこと、勃起した状態でも亀頭に皮が被ったままの人もいます。

仮性包茎というのは通常時は亀頭に皮が半分くらいかかっている状態です。勃起状態では完全に皮がむける状態のことをいいます。

真性包茎というのはその名の通り常に亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎には種類がありますが、どの包茎でも亀頭に皮がかぶっている状態です。

亀頭に皮がかぶっていると、亀頭や陰茎の成長の妨げになってしまい、男性器が大きく成長しません。

これが包茎が男性器を小さくする原因です。包茎と正常の男性器では、長さが平均で3cmも違うというデータもあります。

包茎が原因の場合は、包茎を治すことで男性器が大きくなる場合があります。